FC2ブログ

記事一覧

オルフェ レンドフルール【個別感想】

20200225182255aec.jpeg


こんにちは!みいこです!
今回はレンドフルールの初回感想とオルフェの感想です。

まずネタバレない初回感想ですが、レンドとっても綺麗です。
世界観も綺麗ですが、見ていただいてわかるとは思いますが、イラストが!
ゲーム内の背景も綺麗ですし、スチルももれなく全部綺麗です。
こんなにスチルにときめいたゲームは初めてかもしれないってくらい。
じっくり見て満喫してます。

ゲームの内容は久しぶりのファンタジー乙女ゲーム、世界観についていけるか不安だったんですが、今のところ問題なしです。
主人公と騎士には蝶と呼ばれる従者が付いているんですが、そのキャラもいわゆるサブキャラなのに気持ちのいいキャラが多くて楽しいです。
主人公の蝶が双子の子供でまたこれがかわいい…!

ネタバレなしはこんな感じかな。

それではこれ以下、ネタバレありますのでご注意ください。
※ちょい辛口注意です。

まず初回プレイ感想ですが、ユベールが幼少ヴィオレットを寝かしつけてくれているスチル、持ってきた人形のホラーさが(笑)
別のエンドを見ようと共通をやり直す度にびくっとしてます。

共通の終盤で驚きの展開が!
攻略キャラであるユベールの裏切り。
主人公はかつての女神を蘇らせる器に過ぎない、と。
闇深そうだと思ってはいましたが(笑)
どうやって恋愛関係になるのか、想像つかなくて楽しみになりました。

でも、私のこの考えはレンドの根底を覆す感じになっちゃうんですけど、女神の加護が枯渇していて、世界を救うためには女神復活しか手がない。ってなった時に、レーヌとして生まれてきたヴィオレットなら受け入れるべきでは?って思ってしまって。
そりゃ自分が女神に乗っ取られるってことはつまり死ぬってことなので嫌ですけど。
だけど、ユベールを裏切り者!って一方的に糾弾するのも違和感がありました。
この時点での情報量だと、世界のためを思えばユベールに従うのが一番っぽく思えて。
少なくとも、ちっとも迷わずに抗ったヴィオレットは、本来は世界のために生きてきたはずなので変かなと思ってしまいました。

では、ここからはオルフェの感想です!
cv:KENNさん!

私のKENNさんのイメージは番乙みたいな元気キャラなので、ほんわか系は新鮮でした。
いざと言う時には男らしい声もあって、いいなぁって思いました。
でも、どうせKENNさんなら歌のシーンは歌ってほしかったかな(笑)
私がKENNさんの歌声が好きということもあり。

しかし、結論からいうと私の好みの問題でオルフェには一切ときめきませんでした(笑)
恋愛が唐突に感じたからかも。
レンドみたいな恋愛以外の内容が多いシナリオだと致し方はないのかもしれませんが、ヴィオレットのどこを好きになったのかいまいちわからなくて。
一、二度交流したくらいであそこまで好きになるかなぁと。
それはヴィオレットも同じで、いつの間に好きになったのか全然わかりませんでした。

あと、文句ばっかりで申し訳ないですけど、ヴィオレットが女神に乗っ取られそうになった後、不安なヴィオレットにあまり構ってくれなかったのもマイナスポイントでした。
解決法を探ってくれているのはわかるんですけど、メンタル弱ってる時にこそ優しく守ってほしいというか。
そこはちょっともやもやしました。

でも、オルフェの銀髪と顔立ちの中性的な感じとヴィオレットが並んだスチルが本当に神々しくて。
オルフェは実際神なんで当然なんですけど、それにしても美しい!
スチルはぞんぶんに楽しみました。

オルフェに関しては私自身が恋愛対象に見れなかったこともあり、愛情エンドより忠誠エンドの方が好きでした。
下界に行って二人で幸せに暮らす、っていう愛情エンドはめでたしめでたし感があってよかったんですけど、忠誠エンドのオルフェが死んでしまった後に桜の木を見て彼を想う、っていう終わり方が本当に綺麗で。
レンドという作品、絵柄に合ったエンドだなぁと感動しました。
オルフェの儚さも活かされたエンドに思えて、御伽噺みたいで好きです。
素敵。

さて、次はルイに行ってみます!
思ったより闇深くなさそうなルイ。
ときめきがあるといいなぁと思ってます。

それではまた次の記事で!

最後までお読みいただきありがとうございます!
おかえりの前に下記のブログランキング、ブログ拍手よろしければポチッとしてくれたらとっても喜びます!

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント